ジュクジュク肌対策

ジュクジュク肌対策

アクセス数:アクセスカウンター





カスタム検索


ひとつ上のページへ


 

ご好評企画合計金額が25,000円以上お買い上げのお客様に以下のいずれかをプレゼント!!



健康情報 ⇒ ジュクジュク肌対策


●なんだか意外に、このページに対するお問い合わせがポツポツとありますので、基本的な事項を追加です。(カサカサ肌にも当てはめて考えることができます。)

 

何故思わしくない現象が特定の場合にだけ発現するのか?を考えますと、別記事(デトックス)で書いた閾値の問題として捉えると分かりやすいです。

 

許容量を超えた物質は、アレルギー反応を加速させている可能性が高いと考えられますので、現れた事象(この場合、結果としての「皮膚症状」)にとらわれていますと解決は難しくなります。

 

有害な物質に対抗するためには、

「その物質を取り込まない、又は排出する」か、

「その物質に対する閾値を上げる」

ことが考えられますが、閾値の向上を図ることは根源的であるかもしれませんが現実的ではありませんし、もしかすると不要な物質を取り込まないこと自体が閾値の向上に寄与するかもしれませんので、とりあえずは「不要な物質を取り込まない」という方向で考えてみることが良いと思います。

 

民間療法なども、一部ではこの「不要な物質を取り込まない」という考えからきている場合があります。

 

体内を循環する物質の取り込みは主に小腸において行われます。

紫外線など、外部から取り込むものはここでは「二次的なもの」として考えます。

 

キーワードは(小腸における)デトックスですが、同時に取り入れる側も考えなければなりません。最重要なのは「水」、塩素が中和された水を一日当たり2L程度、何回にも分けて飲むと良いです。

濁った水槽を洗う時、水を流しながら行うのと、そうでない場合の差が明確であるように、無理に汚れを外に出そうとしても洗い流す物がなければスムーズにいきませんし、それは綺麗な水であればあるほど効果が高いと言えます。

 

また、通常の食事における咀嚼(かむこと)を、しっかりと行うこと。

これだけでも随分変わってきます。

 

 

不要な物質を出すといっても、一気に出すようなことは今のところできないと思います。2〜3ヶ月程度は経過を観察する必要があります。

 

サプリメントにより良質なミネラルの補給も必要となるかもしれませんが、第一段階として「不要な物質を取り込まない」ことと、「良質な水を補給する」ことを実践してみると良いと思います。

 

 

VOL2 嗚呼、なんとなく予想はしてたけど・・・

下の方でご紹介している「パパイヤ発酵食品(別窓が開きます)」、お肌専用というわけではないのだけれど人気は高い。しかしそれでも、やっぱり変化が分からないという場合だってあるのは確か。 所詮は健康食品か!?

 

どちらかといえば「脳」の酸化に対応すると考えられているパパイヤ発酵食品は、見方を変えれば、身体(脳以外)に対する働きは一流と言えない可能性が高い。

 

「脳」と「身体」、両方が喜ぶ物であれば・・・ と、期待はできるけれどどうしても単体より高額になるがゆえ強力オススメとはいかなかった過去。どうなんだろう?と思っていたけれど、外部より報告が!

 

Aという健康食品は単体でもかなり良いという。

そして、中にはどうしても期待ハズレな場合もあるという。

ここまではパパイヤ発酵食品と同じ。だから、パパイヤ発酵食品と同じような働きをする物なのかな?と聞いていて思った。

しかし、そうではなかった。

 

その状態で、Aとパパイヤ発酵食品と併用してみると、相当な割合で変化が現れるというのだ。

 

その情報を教えてくださった方は、[A] or [A+パパイヤ発酵食品] というパターンで販売しているのですが、私が思うに、[パパイヤ発酵食品] or [パパイヤ発酵食品+A] とした方がより良いだろう。何故なら、パパイヤ発酵食品は一流と言えないかもしれないが身体に対して何も働きかけないわけではないため、単体だけで充分な方は多い と考えられるからです。

 

現在(2011/10-11)、私自身が試している最中です。

A単体でですが、抗酸化作用が極めて高いとされる「爽快水素」を単体テストした時よりも調子が良いように感じます。しかも、爽快水素の時には目安量を超えた大量テストだったのに対し、今回は推奨される 量の中でも最低量、かなり期待しても良いのではないでしょうか。

 

リリースするかどうかは、もうしばらく経過を見てからの予定です。(どのサイトでご紹介するかも未定)

 


健康情報 ⇒ ジュクジュク肌対策


ジュクジュク肌はカサカサ肌よりもやっかいです。

なかなか良くならないし、見た目の問題や滲出液の問題もあって、精神的にもイヤになってしまう場合もあります。


作用の弱いステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)で効果があるのであればまだ良いのですが、


強いステロイド剤でなければ・・・


と言われる場合、結局良くならない場合もあるし、長期連用による副作用も心配になってきます。


強いステロイド剤を使っても少ししか良くなっていない場合や、全然良くならない場合は別の手段を考えた方が良い場合もあります。


ステロイド剤は体質を良い方向へ変化させるわけではなく、また、ステロイド剤の使用によって血管の拡張が起こったり、皮膚の免疫力が低下することなども考えられるため、状態が良くない方の中には 「脱ステロイド」 を行って色々試行錯誤されておられる方も実際におられます。


ちなみに、ステロイドといえば軟膏というイメージもあるのですが、これは皮膚への浸透を抑えることによる刺激減少と、外部からの刺激をシャットアウトさせるための措置であり、カサカサ肌などの場合は浸透の良いクリーム、頭皮の場合などはローションが使われます。

※カサカサ肌の状態がひどい場合には、しみないように軟膏を使う場合もあります。




(ステロイド好き派、嫌い派)

ジュクジュク肌ではなくとも、ステロイド剤というのは最初は良く効いちゃうものだから、一度病院でもらったりすると、

 

 「これさえあれば怖いものなし」

 

とばかりに、

ちょっとカユイとステロイド、ちょっと気になるからとステロイド・・・ 

 

作用が弱い物であればあまり心配する必要もないのですが、

 

 「強ければ強いほど良い」

 

と思っていて、どんどん副作用の可能性を高めていかれる方もおられます。

 

そして、副作用が出てから、

 

 「ステロイドは恐ろしい薬や!!」

 

と、多くの方に喧伝されてしまう場合も・・・

 

そうなると、本当にステロイドが必要で有効な方まで、恐怖を覚えて使いづらくなってしまうのでは、と思います。

 

 

病院では、ステロイド剤を一時的なものとして出しているのです。

 

 「続きは薬屋さんで買ってね。」

 

なんて(タブン)思っていないのですが、

 

 「買わないでね。」

 

とも言ってくれないからか、メチャメチャな使い方をされる場合が多いのでは?

 

できれば、最初は作用の弱い物から試した方が良いと思います。

ステロイドより単なるカユミ止めの方が楽になる場合だってありますし。

 


話が逸れてしまいました。

ともかく、ステロイドにしろ何にしろ、いくら塗ったところで体質を改善しているのではありません。

 

たとえ原因が遺伝的なものであっても、引き金となるのは、食べ物自体にアレルギー反応を起こしたり、食べ物からの栄養の吸収が悪かったり、または食べ物の消化が良くなくてタンパク質が完全に分解されていないなど、食事と体の機能がバランスを保っていないことが大きいと考えられています。

 

そして、食事療法以外でも、漢方治療や様々な民間療法によって対処されておられる方は多いようです。

 

そこで気になるのが、民間療法によって症状が良くなられた方に聞いてみると、多くの場合、途中で好転反応(一時的に症状が悪くなること。悪い物を外に出していると考えられていますが、これを健康食品などで表現することはタブー。 好転反応だと思っていたら本当に体調が悪くなっていた例もあり。)が起こったということ。

それもかなりヒドく、そして1ヶ月くらい続く場合もあるようです。

それでも長い間苦しみ続けたことに比べれば、短い期間かもしれませんが、不安はあると思います。

 


なんだか良く判らない・・・ 病院で変わった病名をもらったけれど、渡されたのは痒み止めだけなんですけど・・・


とりわけ皮膚の病名は、その外形・状態から命名される場合が多いです。病名⇒原因、と辿ることができないパターンはありがち。


相手が菌なら明確だけれども、臓器やホルモン、その他の状態に応じて一時的、または慢性的に発症する皮膚病+マレにしか見られない、となると、正に見た目に頼った病名となるのは宿命。原因不明とも言えます。

全く違う原因なのに同じ病名が付く可能性があるということです。


同じ病名なのに

 ↓

Aさんに効果のあった医薬品はBさんには合わなかった。

Aさんに効果のあった民間療法はBさんには合わなかった。

Aさんは勝手に良くなったのにBさんはどんどんひどくなる。

Aさんは・・・


皮膚病に限らず良くある話。原因が全く違うのだから仕方のない結末です。多くの相談にのってきた私でも、話に出てきたことのない病気は山ほどあるので、的確な答えが出る可能性は低いです。


そこで、インターネットは効果的かと思えます。

私のような1ドラッグストア、1個人の範囲では情報収集に限界のある稀な症状であっても、全国的な規模なら相当な情報が集まるだろうと考えられます。

同じ病気に苦しむ方の体験を生かし、また、ご自分の体験を活用してもらえるようなコミュニティーサイトを活用すれば、ご自分の知らない解決方法に出会える可能性が高まります。


そうは言っても、ただ単に体験を連ねるだけでは、

Aさんに効果のあった医薬品はBさんには合わなかった。

Aさんに効果のあった民間療法はBさんには合わなかった。

Aさんは勝手に良くなったのにBさんはどんどんひどくなる。

Aさんは・・・

は、いつまでたっても越えることのできない高い壁。


要は原因なんですよね。

皮膚に表れた症状は体の不調を示すサイン、皮膚だけ見るのは氷山の一角を見るようなものです。

では、原因へのアプローチは・・・ となると、直接的には分かりませんです。はいっ!お医者様が分からないと言ったら絶望的です。ああぁ・・


しかし、せっかくコミュニティーサイトに参加して情報を授受するのであれば、体験のみならず、血圧などその他の健康状態や病歴、生活習慣の実態、性格、性別、など、様々な情報を付加してみるのはどうでしょう。

ある意味漢方的で古臭いと侮るなかれ!!

不思議と共通事項が見えてくるものです。たとえ氷山の一角であろうとも、それを沢山見ると全体が見えてくるといいますか、まぁ、私の経験上これは有効ですよ。



当サイトオススメ(医薬品じゃないです)

パパイヤ発酵食品 パパイヤ発酵食品(当店運用別サイト版)

ゼオラクス マグスティック365

宝石シャワー 新林の滝

他にも新作を要チェックです

 

●ストレスフリーへの道⇒思いっきり遊びましょう!

 

<< 健康情報目次へ戻る

 


ひとつ上のページへ クチコミというもの CMの力 O−リングテスト、前屈 キネシオロジーテスト 知識と経験 買わない方が良い時 これも病気? ブランドマジック プラセボ効果とは? ハロー効果の例 ハロー効果その2 好転反応・瞑眩反応・還元反応・回復反応? 美容と健康の関係 マイナスイオンを理解する サプリメントを理解する ビタミンの連携U ビタミンの活性 コエンザイムQ10の認識 健康食品 ダイエット食品を考える ダイエット食品2 何を信じる?判断できる? 医薬品的表示は違法 医薬品その1 添付文書の読み方 花粉症対策はお早めに 目薬はいつまで使える? 水虫に勝つ!! 胃腸薬のお話 頭の悩み スライムを作ろう 副作用U(備忘録? 歯の大事さを知る 本物の水 カサカサ肌対策 ジュクジュク肌対策 潔癖症もどうかと・・・ 病気という自覚 運動・スポーツ 太陽光線-UV BMIと標準体重【子ども(乳幼児・小学生)〜大人まで】 アウトドアを楽しむ前に 睡眠 マスク 物事の感じ方は相対的 爪もみ療法 体温上昇⇒免疫力向上 断食(だんじき) 幸せってなんだろう? とにかく感謝! Oh〜 スピリチュアル! 胃腸の話(ホンマでっかVer) 不老(ホンマか 鼻呼吸 疲れが取れない現代社会 足と顔の筋肉(byTV) ストレス、あれもこれもストレス!なの? ツキの取扱い 終わらないほうが良いかと



取扱商品一覧へ  ご注文画面へ


本物商品、健康情報の「ほんもの冒険スタジオ」
カリカパパイヤ発酵食品、ペット用品の「パパナピ!」
インフォメーション


営業日

月〜土曜日(10:00am〜6:00pm) 日祝定休日


ご注文・お問い合わせについて

・ 当サイトにて随時(24時間)受付しております。
・ お電話、ファックス、メールでのご注文も随時受付しております。
・ 午後3時までのご注文分につきましては即日発送いたします。

※日曜、祝日のご注文分につきましては翌営業日発送となります。
なお、在庫の状況によって発送が遅れる場合もございますのでご了承願います。


〜当サイトからのご注文〜

取り扱い商品一覧画面より >>

※ 取り扱い商品一覧画面の画像をクリックすることにより各商品の詳しい説明画面に移ります。


〜配達日及び配達時間帯のご指定〜

・お届けの日及びお届け時間帯につきましては、ご都合の良い日時をお選びいただけます。

[午前中] [14〜16時] [16〜18時] [18〜20時] [19〜21時]


「ほんもの冒険スタジオ」運営

〒910-0015 福井県福井市二の宮2丁目30−18


配送料、代金引換手数料について

〜配送料〜

・1回のお買い上げ金額が5,000円(税込み)以上の場合には、配送料は日本全国無料とさせていただきます。

・1回のお買い上げ金額が5,000円(税込み)に満たない場合には、配送料650円(税込み)をご負担願います。(一部例外もございます。)


〜代金引換手数料〜

・代金引換手数料につきましては、全額当方で負担させていただきます。


お支払い方法

〜代金引換のお客様〜

・現金、クレジットカード、デビットカードのいずれかでのお支払いとなります。

カード一覧


〜クレジットカード決済サービス〜

 ペイメント

・お客様登録画面(ご希望商品選択後)にて簡単決済

 カード一覧


〜銀行振込のお客様〜

・お振込確認後直ちに発送いたします。(お振込手数料はご負担願います)

お振込先:ジャパンネット銀行 (0033) ビジネス営業部 (005)

 (普通) 1 5 1 8 4 1 7  ヤマモトケンコウドウヤマモトマサハル


Copyright(C) 2005-2017 山本健康堂