デトックス

アクセス数:アクセスカウンター





カスタム検索



 

ご好評企画合計金額が25,000円以上お買い上げのお客様に以下のいずれかをプレゼント!!


健康情報 ⇒ デトックス


Detox Products


腸さわやか!

ちょうさわやか

 

 

NS乳酸菌ハイパーラクタム

NS乳酸菌

 

 

ゼトックス

ゼトックス(旧ゼオラクス)

 

 

マグスティック365

マグスティック365(水)

 

 

パパイヤ発酵食品ヴェーダパワー

パパイヤ発酵食品ヴェーダパワー

 

 

すいかでげんき

すいかでげんき

 

医薬品、医薬部外品では、乳酸菌や便秘薬(食物繊維も含めて)などがデトックスと言えるでしょうか。  ですが一般的に言われるデトックスとは、もっと範囲の広いもののような気がします。

 

報道によりますと、井戸の確保もままならない国では、水源(池など)に有害な物質が含まれていることを知りながらも、他に水が無いためその水を飲まなければならない場合があるとのこと です。

日本では信じられない状況ですが、それが多くの国々にとっては現実のようです。

 

このような状況では、身体の器官が未成熟な子供では生存率が著しく低くなります。

食や水の安全性が確保されている日本は、非常に恵まれた国であると言えます。

 

しかし日本においても、通常の食事には残留農薬など体に良くないとされる物質が多く含まれている現実に加え、近年は企業による悪質な偽装などによって食に対する安全性がまるで確保されていない 現状が多く報道されています。

 

私たちの身体は自身に悪い物を蓄積し続け、長い年月を経て悪い影響が出る可能性を秘めています。

国任せではなく、自ら「デトックス」を考えなければならない時代になったのではないでしょうか。

 


 

デトックスとは、多くの場合「体内に蓄積した悪いものを出す」と捉えられますが、その対策としては、「悪いものを出すために腸内を清掃する」ものが主流であり、細胞や器官、臓器などに取り込まれた悪いものを出すという働きには言及されないか、それともそのようなことは現実的ではないのか、感覚的には腸内清掃を超えたものを期待しがちですが、あったとしても医薬品でなければ仔細にその働きを明示することも(法的に)難しいので、一般的にはならないのかもしれません。


デトックスに用いられるものは、目的が「排出」であるため、一般的なサプリメント(補給するもの)とは少し違いますが、それ自体を「体内に入れる」という意味合いでサプリメントと表現される場合もあります。


健康維持のためのデトックスであれば、どのような方法であってもそれなりの効果(感覚的な変化が期待できない場合も多いですが)は出るのでしょうが、何かしらの不調を改善したいと考えた時、例えば腸内を清掃することによってあらゆる不快な症状が軽減されるとは限りません。


「有害な物質がなにかしらの不快な現象を引き起こしている」ことが明らかであったとしても、それに到る根源的な原因は人それぞれです。


実際的に有害金属から染み出る成分などに攻撃される「直接的」な場合もあれば、自律神経のバランスが崩れた結果、有害な物質に対抗する力が減弱するような「間接的」な場合も考えられ、または両者が協調して良くない相乗効果が表面的に起こる可能性も否定できません。

 

一方で、私たちに元々備わっている「排出する能力」が、なにかしらの原因によって低下している場合も、結果としては同じような状態に陥ると考えられます。


人それぞれ、物質に対する閾値(いきち⇒反応が現れる境界量、この場合であれば許容量とした方が分かりやすい)が異なりますので、例えば花粉によるアレルギー反応では、同じ環境下においても人によって反応の度合いは大きく変わってきます。


金属類や油分は体内で蓄積されることも考えられますので、一度に取り込む量が微量であっても、後々の影響を考える必要があります。



(二次的、三次的な症状のケア)

アレルギーの一つである「アトピー性皮膚炎」では、皮膚が乾燥状態であったり湿潤状態であったりと一定ではありませんが、抗体(免疫グロブリンIgE)が多く存在し、角質層ではセラミドなど皮膚のバリア機能を担う成分が不足しているという特徴があります。


アトピー性皮膚炎では、皮膚を掻く、さするなどの行為が更なる悪化へと向かわせるため、外用としてワセリンなど皮膚のバリヤ効果を有する物が使われます。

ステロイドの使用は賛否両論ですが、いずれにしても、根本原因に作用させる行為ではないため、完全な回復は見込めません。

しかし、このような症状において、不快であるのが皮膚症状に集中するため、それが治まれば良いという考え方もできなくはないですし、 状況によっては効果が高い場合もあります。

⇒ワセリン、セラミド、コレステロール配合のバリヤ品(最近はどこでも売っている様子)


「アトピー性皮膚炎」のもう一つの特徴として、副交感神経が優位であるということが言えます。

自律神経のバランスが崩れ、その原因は楽観主義であるからなどと言われたりもしますが、皮膚症状は元々幼少期から出現している場合が多く、楽観主義が最初の原因とは考えにくいです。

結果の一つであり、同時に原因の一つとなってしまったと考えた方が良いのではないでしょうか。

一旦崩れた自律神経のバランスは、後にバランスが取れないままに交感神経優位であったり副交感神経優位であったりと極端に振れて、元に戻ることが困難になってきます。

自律神経の入れ替わり時間帯(午後2〜4時程度)には、お肌の調子が少し変化するのを実感できる場合もあると思います。



全てがそうだとは言えませんが、体内に蓄積する不要な物質が最初の原因となって体の不調を感じるケースが多いのではないかと予想できます。

進行するに従い、原因とされるものは増えていくのですが、ともかく最初の原因を絶つことは完全な解決には不可欠。

しかし、解決のための優先順位は多少変わるかもしれませんので、広い視野を持つことは重要となります。


 

 

閾値が人それぞれといっても、何もなければ何も起こらないのですから、解決は難しくないのかもしれません。


といっても、そんなことを言えるのは極最近のこと。

デトックスという言葉が一般的になる以前より同様の考え方はありましたが、効果的な物も無ければ重要視もされていない、アナウンスされにくい分野 だったと言えると思います。



簡単に考えてデトックスとして求められることは、

@不要な物質を取り込まない

A適度な運動などにより血流を良くしたり、代謝能力を向上させる

B不要な物質をできるだけ排出する

C肝臓や腎臓などの解毒・排出作用を強化する。

D自律神経のバランスを保ち、小腸からの吸収などが円滑なものにする。


@とAは、自己努力によるしかありませんが、最も重要であると考えられます。化学調味料などを遠ざけ、玄米食などにすることにより必要なミネラルを補給することなどは、総合的に見て効果的ですが、簡単ではありません。


@【あぶら】 「取り込まない」について追記[2009/09]

花王より発売されていた「エコナ」シリーズ59品目、エコナを使ったシーチキンが出荷停止です。


エコナ使われている主成分「グリシドール脂肪酸エステル」が体内でグリシドールという発癌性物質に分解されてしまう危険性があるというもの。

コレステロールがどうだとかいうレベルではなくなってしまいました。


随分前から危険性が指摘されていましたが、初耳の方も多いでしょうし、この情報を見落とした方は今もエコナを使っていることでしょう。


◆アブラが持つ別の危険性

「アブラ」というものは体内に蓄積してしまうので、その害は長期間の追跡調査によって始めて分かる場合もあります。

●ビタミンA+喫煙⇒ 単に喫煙をするグループより寿命短縮

●ビタミンE(医薬品ビタミンE製剤と同等量より僅かに少な目)の継続摂取⇒ 摂取していないグループより寿命短縮


それぞれ、欠乏時には障害が現れてしまう重要なビタミンですが、大量摂取を継続すると体内に蓄積され、思いもよらない作用を引き起こすようです。

エコナの場合は、まだ「蓄積」から来ているわけではないので、その後も安心できません。


安心できる油として一般的なのは胡麻油、オリーブ油。歴史が違います。

一部健康に良い(抗酸化作用に優れている)とされている油もいくつかあるのですが、長期的に見た「アブラ」としての良し悪しまでは定かではありません。


エコナは長年、トクホ(特定保健用食品)として多くの方に利用され、贈答用としても相当な出荷実績があるため、ことの真偽には注目しなければなりません。

健康のためにと思い、わざわざ高くて危険な油を買っていた可能性もあります。

メーカーは「安全性に問題はない」としていますが、どうなんでしょうか?


人工的な油は自然物にはマネのできない芸当をやってのけますが、体に良くないと見た方が確実かもしれませんね。


⇒オリーブオイルを毎日スプーンで食べて、他の油は摂らない。という健康法を著名医師が随分前から提唱しています。

肌の状態、疲れにくさで変化を感じます。その後の安心感があるのも良いですね。当店のオリーブオイル(スプレッドタイプ)

 

 

Bは、便秘解消のための医薬品や、食物繊維、乳酸菌、キレート作用のある物質などが対応します。

花粉症とマスクのような関係であり、原因物質が血液や細胞内に侵入してくるのを防ぎます。

まずは「食物繊維」が有効と考えられ、より高い効果を期待するのであれば腸内で増殖する乳酸菌を、既にある重金属などの除去には収着(吸着と吸収)物質などが効果的です。


Cは、結果としては身体全体の問題として捉える必要があるでしょう。

血行が良くないだけでも多くの臓器は機能が低下してしまいます。


Dは、根源的ではない場合であっても、最も効果を実感しやすい対処だと考えられます。自律神経のバランスが整い、臓器に対して正常な命令が伝達されることにより、総合的に見て強力な自己治癒能力が発揮され ることが期待できます。

 

 

もう一つ、

デトックスは「排出」、出すということで健康に有効な手段といえますが、私たちの身体の状態を一定に保つためには、「出す」+「入れる」というセットで考える必要があります。

 

入れるものとして最も考えなければならないのは「水」です。

出す作業と同時進行で、塩素の入っていない 、できれば還元水のような体に良い水を取り入れることがお勧めです。

汚れを落とす時、綺麗な水で洗い流すことが効率的であるのと同じことです。

 


↓旧記事(商品紹介など)


これまで、健康を維持するために、サプリメントなどによって、必要な成分を補給することが重要視されてばかりで、「出す」  ということにはあまり目を向けられることがありませんでしたが、近年ではその重要性が見直されてきております。

 

 

 

「出す」 といえば、  「尿」 「腸」 です。

 



尿で解毒

神経毒を出し切って疲れ知らずに

あなたの尿は毒素がたっぷり含まれているでしょうか?

これは、含まれていなければマズイと言えます。

そもそも、人間の体が毒を作り出さなければ良いのですが、どうも、そううまくはいかないようです。

 

人間はエネルギーを細胞に取り込む時、浸透圧の差によって物質を出し入れしています。この時に、同時に  「神経毒」 が必ず発生しているのです。

 

それはアンモニアです。

 

アンモニアは水溶性の毒ですから、尿として排泄するようになっているのですが、腎臓、肝臓、すい臓などの臓器が弱ってくることによって、排泄が滞ることが多いようです。

 

そして、この事実は、どんなに素晴らしい健康食品を食べたとしても 「神経毒」 が発生してしまうということです。

 

体の中にアンモニアを貯めた状態で放って置くと、どんどん疲れます。細胞がうまく働いてくれません。

生活習慣病と同じで、最終的には10〜15年後に大きな病気(アレもコレも)になっても、その時にはもう手遅れです。

 

ですから、体中からアンモニアを集めてきて、解毒・排泄することが必要となります。


そこでスイカなのです。


スイカには、シトルリンと呼ばれる尿素回路 に必要と言われる酵素が最大量含まれています

また、それだけではなく、カリウム、リコピン、マンノシターゼ、直接還元糖(多糖類)が含まれ、免疫系に働きかけます。


スイカを種や皮ごと煮詰めた高濃度「西瓜糖」⇒すいかでげんき




腸で解毒

体の中の悪い物を出して、おなかスッキリ、細胞元気!

あなたの腸は、その調子によって、極端に 「排泄」に影響し、体の中の毒素の排泄がスムーズにいかないことだけに留まらず、食べ物や薬の吸収に大きな影響を与え、体全体の調子を狂わせます。

 

その結果、また 「排泄」 に影響してしまい悪循環に入ります。

 

他にも、免疫のバランスがとれずに、思いもよらぬ病気を引き起こす原因となります。

 

腸は、若さと健康を保つ 「第二の肝臓」 と呼ばれており、人間の体の中で最も重要な臓器の一つなのです。

 

腸内には、100種類100兆個の細菌が住んでいると言われています。

腸内の細菌を区別すると、

 「善玉菌」 、

 「悪玉菌」 、

 「日和見菌」

の3種類に分かれます。

 

腸内環境を良い状態に保つには、善玉菌が圧倒的優位な状態でいることが必須条件です。

 

善玉菌の中で腸内に常在する善玉菌がいます。

この善玉菌は40種類、16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌で構成されています

 

常在する善玉菌には、生きて行くための非常に優れた相互関係があります。

この善玉菌(16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌)は、お互いが生きていくために分泌物を出し合っています。

この分泌物(小牧原液と呼んでいます)を培養し、加工したのが 「ちょうさわやか」 で、なんと5兆個の善玉菌を活性化させます。

 

善玉菌を補給するだけではなく、常在する善玉菌を活性化することで、腸内環境を整えるのです。



善玉菌と悪玉菌の働き

  • 善玉菌

    •  有害ミネラルの解毒と栄養の分解

    •  消化、吸収、代謝を助ける

    •  免疫力を活性化

    •  腸内の蠕動運動の活性化

    •  有害ミネラルや発ガン物質の分解、排泄

     

  • 悪玉菌

    •  免疫力の低下

    •  有害ミネラル、発ガン性物質の生産量の増加

    •  肝臓などの内臓に負担をかける

    •  下痢や便秘の慢性化

    •  腸内腐敗が進み、便やガスを臭くする


「完全高速スタディ レベル1(サプリメント)」 (旧名)のページにも書いておりますが、食事やサプリメントの補給の前段階において、 「吸収」 と 「排泄」 が円滑に行われないことには、そのエネルギーを最大限に生かすことができません。

 

要するに、腸が元気でなければ何をやってもうまくいかないのです。

ですから、 「ちょうさわやか」 や 「パパイヤ発酵食品」 によってお腹の中をスッキリさせることは重要であり、有害なミネラルを排出することなどにより、健康で元気な腸を作る必要があると言えます。



西瓜糖「すいかでげんき」 もっと詳しく

乳酸菌生産物質「ちょうさわやか」 もっと詳しく

すいかでげんき

ちょうさわやか

神経毒から身を守る

腸内環境を

整えるならコレ!!

 

 

 

■追加■

2008年、「日本の食は安全性が高い」ということが言えなくなってきた昨今。

ずーーっと昔から続いていたことがようやく最近になって明るみに出てきた状態。

次から次へと出てくる食の問題ですが、それでもおそらく氷山の一角でしょう。

「自分の会社で作った食品は食べない」というパターンはやめて欲しいです。

会社の運営が厳しいからといってもやるべきことではないです。

アレルギー疾患など、昔では考えられないくらいに増加していることを考えますと、原因の一つである可能性は非常に高いと思います。

 

これまで有害な物質をどれだけ取り入れていたのか? そしてこれからも取り入れることになるであろうことを考えますと、「強力に出す」ということに着目せざるを得ません。

 

 

※自分の安全は自分で確保しないと危険な世の中になった・・・ 数々の偽装や有害物質混入を振り返り、そのように思います。

 

 ゼオラクス ゼ トックス(旧ゼオラクス)

天然ゼオライト、フルボ酸配合の強力デトックス。

 

◆ゼオライトとは、天然物と人工物があります。

加熱すると泡を出すため和名は沸石。ギリシャ語でZeo(沸騰)+lite(石)。

ゼオライトは微細な孔を持つ化合物(ケイ素、アルミ、酸素)で、吸着力が強く、人工物では割と自由に孔の大きさを設定できるために特定の物質を吸着させることができ、不純物を取り除いたり、有害物質を除去するなどを目的に多方面で利用されています。

割と高温であっても分解することが無いため、条件がよくない環境であってもしっかりと働きます。

 

吸着力が強い理由として、孔が非常に多く、表面積が広いということができます。孔は分子1つか2つがやっと通れるかどうかの大きさですから、ぴったりと収まるような状態であれば、それだけ接触する面が多くなり、吸い寄せられる力が強くなります。

 

また、ゼオライトは構造上、正の電荷が1つ不足状態であるため、正イオンを引き付けて安定するという特徴があります。ゼオライトには、ナトリウム(Na)やカルシウム(Ca)などの正イオンが含まれていて、これら正イオンの周囲では電気的な働きが強く出てきます。そして、負の電荷を持った物質などを強く引きつける作用をみせます。

 


 

◆追加その2◆

 

本物研究所船井幸雄氏が2009年にイチオシの健康サプリメント!

 

もう一つの乳酸菌

NS乳酸菌

 

NS乳酸菌とは?
人類遺伝学の専門家だった金峰博士は2003年、SARSの大流行の中で、「日本人からもらった乳酸菌を飲んでいたらSARSが治った」という情報を得ます。


 ※金鋒(Jin Feng)博士 プロフィール
 1956年、中国内モンゴル自治区フホホト市生まれ。
 東京大学修士、博士課程修了。人類遺伝学博士。
 現在、中国科学院教授。

 

そして世界中の論文を徹底的に調べ乳酸菌の研究を開始しました。

そして博士はバクテリアバンクや少数民族の伝統食など、膨大な乳酸菌サンプルの中から特に高機能な乳酸菌を選び出し、独自の培養方法を開発しました。

その乳酸菌はNS乳酸菌と名付けられました。

そしてこのNS乳酸菌を実験した結果、驚くべき成果が得られました。

病気による死亡率が70%にも達していた養豚場でNS乳酸菌を与えたところ、病気がほとんど消え、豚の死亡率は自然死亡率と言える5%にまで低下したのです。

さらに養豚場の悪臭は消え、いつも騒々しかった豚がすっかり穏やかになりました。

さらに博士は、広州の中山医科大学に依頼してウイルスの実験を行いました。

そこでは、人間が感染したら出血を伴う激しい症状を起こすヘモフィラス・インフルエンザ・ウイルスに感染した細胞をシャーレの中に入れてNS乳酸菌を投入すると、感染細胞は増殖も細胞破壊も起こさず、感染が完全に抑制されることが確認されました。

それから5年の歳月をかけてさまざまな実験、テストが繰り返され、NS乳酸菌は多くの分野で応用できることが確認されました。
 

NS乳酸菌ハイパーラクタムNS乳酸菌ハイパーラクタム

 

 

 

●デトックスを実現するためには、「出す」と同時に「入れる」方も考えると効果的です。基本となるのは「水」です。⇒マグスティック365

 




取扱商品一覧へ  ご注文画面へ


本物商品、健康情報の「ほんもの冒険スタジオ」
カリカパパイヤ発酵食品、ペット用品の「パパナピ!」
インフォメーション


営業日

月〜土曜日(10:00am〜6:00pm) 日祝定休日


ご注文・お問い合わせについて

・ 当サイトにて随時(24時間)受付しております。
・ お電話、ファックス、メールでのご注文も随時受付しております。
・ 午後3時までのご注文分につきましては即日発送いたします。

※日曜、祝日のご注文分につきましては翌営業日発送となります。
なお、在庫の状況によって発送が遅れる場合もございますのでご了承願います。


〜当サイトからのご注文〜

取り扱い商品一覧画面より >>

※ 取り扱い商品一覧画面の画像をクリックすることにより各商品の詳しい説明画面に移ります。


〜配達日及び配達時間帯のご指定〜

・お届けの日及びお届け時間帯につきましては、ご都合の良い日時をお選びいただけます。

[午前中] [14〜16時] [16〜18時] [18〜20時] [19〜21時]


「ほんもの冒険スタジオ」運営

〒910-0015 福井県福井市二の宮2丁目30−18


配送料、代金引換手数料について

〜配送料〜

・1回のお買い上げ金額が5,000円(税込み)以上の場合には、配送料は日本全国無料とさせていただきます。

・1回のお買い上げ金額が5,000円(税込み)に満たない場合には、配送料650円(税込み)をご負担願います。(一部例外もございます。)


〜代金引換手数料〜

・代金引換手数料につきましては、全額当方で負担させていただきます。


お支払い方法

〜代金引換のお客様〜

・現金、クレジットカード、デビットカードのいずれかでのお支払いとなります。

カード一覧


〜クレジットカード決済サービス〜

 ペイメント

・お客様登録画面(ご希望商品選択後)にて簡単決済

 カード一覧


〜銀行振込のお客様〜

・お振込確認後直ちに発送いたします。(お振込手数料はご負担願います)

お振込先:ジャパンネット銀行 (0033) ビジネス営業部 (005)

 (普通) 1 5 1 8 4 1 7  ヤマモトケンコウドウヤマモトマサハル


Copyright(C) 2005-2017 山本健康堂