原因は違えど

原因は違えど

アクセス数:アクセスカウンター





カスタム検索


ひとつ上のページへ


 

ご好評企画合計金額が25,000円以上お買い上げのお客様に以下のいずれかをプレゼント!!



健康情報 ⇒ マイナスイオン ⇒ 原因は違えど


分かりにくいけれども重要です。

 

排気ガス、紫外線、放射線、ストレス、遺伝(異常な遺伝子の情報を受け継ぐ)、

栄養不足・睡眠不足・喫煙などの生活習慣、電磁波

 

これが何かお分かりでしょうか?

 

実は、原因不明の病気の時に考えられている一般的に

「これが原因ではないか?」 というものなのです。

 

これは私達にしてみればそれぞれ独立した違う物に見えますが、

私達の細胞にとってはどれも同じストレスではないでしょうか?

 

実は、ストレスが起こった場合、「白血球の中の顆粒球」

「活性酸素」を放出するようです。

 

[3.活性酸素を調べる]でも説明しましたが、細胞の中のミトコンドリアは、

カラダに必要なエネルギーを取り出す時に活性酸素を放出するように

なっています。

 

そして、その ”ミトコンドリア” は 多くの細胞の中でも特に

”顆粒球” の中に多く含まれているのです

 

しかも、顆粒球はエネルギーを作る時だけではなく、その役目が終わった

時にも活性酸素を放出しているようです。

※もともと、顆粒球が活性酸素を放出することは、体内に侵入した”ばい菌”などを退治するために

必要な行為なのですが、活性酸素が多すぎると自分自身を攻撃することになってしまいます。

 

そして、これは自律神経の働きにも大きく影響してくるようです。

これがどのように自律神経の働きに関係してくるかと言えば、

 


「白血球中の ”顆粒球” ”リンパ球” の 数は自律神経のバランスによって支配され、交感神経が優位であれば顆粒球が多くなり、副交感神経が優位であればリンパ球が多くなる。そしてこのバランスはストレスの影響を受ける。」

 

と、安保徹先生の免疫学の書籍で紹介されていました。

(↑原文そのままではなくて、まとめました)

 

ということは、以下のような流れが考えられます。

 

交感神経を刺激するストレスの場合>

  1.  ストレス → 

  2.  交感神経優位 

  3.  アドレナリンの放出 

  4.  顆粒球の増大 

  5.  活性酸素の大量放出 

  6.  ストレスの誘発(最初[1]に戻る) 

 

副交感神経を刺激するストレスの場合>

  1.  ストレス 

  2.  副交感神経優位 

  3.  アセチルコリンの放出 

  4.  リンパ球の増大 

  5.  様々な病気の誘発 

  6.  ”交感神経”を刺激するストレスの誘発 

  7.  上のサイクル[1]が始まる 

 

阿保先生の理論では、必ず 「交感神経緊張状態」 か「副交感神経緊張状態」

のいずれかに傾くようなニュアンスですから、ご存知の方は特に 「えっ」 と

思われるかもしれません。

 

しかし、私としては実際に「何をしても良くならない」 と言われる方には、

両方の性質を併せ持った状態が多いということに疑問を持っていました。

 

そんな中、阿保先生の理論から 「病名」 を排除し、「顆粒球」 に焦点を

当てたうえで極限まで圧縮すると上のように考えられるのです。

 

このように見ますと、自律神経のどちらかが優勢でどちらかが劣勢という

バランスの取れていない状態にある場合、必ず「5.活性酸素の大量放出」

辿り着き、延々と繰り返されることになります。

 

これが 「酸化のスパイラル現象」(勝手に作った言葉) なのです。

 

これが一旦始まると、最初の引き金になった 「ストレス」 をなんとか

除外して、なくしたとしても、このスパイラルは延々と続くことが理解

できると思います。

 

こうなると、「活性酸素」 を何とかしないことには、根本的な解決は

図れないのです。

ですからマイナスイオンは重要だと言えるのです。

 

また、この酸化のスパイラル現象は、自律神経のバランスに関わらず、

上の流れの内 「どれか」 が始まれば回りだす可能性が高いということ

も理解できると思います。

 

そして、どんどん強力なものへと成長していきます。

まさに 「スパイラル」 なのです。

※最初は実感できないほどの些細なこと(または病院での検査で異常が見つからない程度のこと)

であっても、10年〜15年も回り続ければ大きな病気となって表面化すると考えられます。

 

このスパイラルは様々な要因により回り始め、実際私達の表面上では

複雑な様相を見せますが、ある一箇所だけ、たった一つの事象に集約

されている場所があります。

 

お分かりでしょうか?

 

「活性酸素」です。

 

もしこのスパイラルを止めるとするならば、狙いをここに定めた方が確実

と言えるのではないでしょうか。

是非このことをご理解いただきたいのです。

 


 

(マイナスイオン 目次)

1 スタート-はじめに

2 マイナスイオンとは?

3 活性酸素を調べる

4 良いマイナスイオン

5 安全性考慮が不可欠


6 血にも影響

7 マイナスイオンの限界

8 原因は違えど・・・

9 マイナスイオンのその先へ・・



<< 健康情報目次へ



 

 


ひとつ上のページへ マイナスイオン(はじめに) マイナスイオンとは? 活性酸素を調べる 良いマイナスイオン 安全性の考慮は不可欠 血にも影響します マイナスイオンの限界は・・・ 原因は違えど マイナスイオンの終わりに



取扱商品一覧へ  ご注文画面へ


本物商品、健康情報の「ほんもの冒険スタジオ」
カリカパパイヤ発酵食品、ペット用品の「パパナピ!」
インフォメーション


営業日

月〜土曜日(10:00am〜6:00pm) 日祝定休日


ご注文・お問い合わせについて

・ 当サイトにて随時(24時間)受付しております。
・ お電話、ファックス、メールでのご注文も随時受付しております。
・ 午後3時までのご注文分につきましては即日発送いたします。

※日曜、祝日のご注文分につきましては翌営業日発送となります。
なお、在庫の状況によって発送が遅れる場合もございますのでご了承願います。


〜当サイトからのご注文〜

取り扱い商品一覧画面より >>

※ 取り扱い商品一覧画面の画像をクリックすることにより各商品の詳しい説明画面に移ります。


〜配達日及び配達時間帯のご指定〜

・お届けの日及びお届け時間帯につきましては、ご都合の良い日時をお選びいただけます。

[午前中] [14〜16時] [16〜18時] [18〜20時] [19〜21時]


「ほんもの冒険スタジオ」運営

〒910-0015 福井県福井市二の宮2丁目30−18


配送料、代金引換手数料について

〜配送料〜

・1回のお買い上げ金額が5,000円(税込み)以上の場合には、配送料は日本全国無料とさせていただきます。

・1回のお買い上げ金額が5,000円(税込み)に満たない場合には、配送料650円(税込み)をご負担願います。(一部例外もございます。)


〜代金引換手数料〜

・代金引換手数料につきましては、全額当方で負担させていただきます。


お支払い方法

〜代金引換のお客様〜

・現金、クレジットカード、デビットカードのいずれかでのお支払いとなります。

カード一覧


〜クレジットカード決済サービス〜

 ペイメント

・お客様登録画面(ご希望商品選択後)にて簡単決済

 カード一覧


〜銀行振込のお客様〜

・お振込確認後直ちに発送いたします。(お振込手数料はご負担願います)

お振込先:ジャパンネット銀行 (0033) ビジネス営業部 (005)

 (普通) 1 5 1 8 4 1 7  ヤマモトケンコウドウヤマモトマサハル


Copyright(C) 2005-2017 山本健康堂