乳酸菌生産物質とは?

乳酸菌生産物質とは?

アクセス数:アクセスカウンター





カスタム検索


ひとつ上のページへ


 

ご好評企画合計金額が25,000円以上お買い上げのお客様に以下のいずれかをプレゼント!!

健康情報 ⇒ デトックス ⇒ ちょうさわやか ⇒ 乳酸菌生産物質とは?


乳酸菌生産物質の前にまず、乳酸菌のことを見てみますと、乳酸菌とは、乳糖やブドウ糖を分解して大量の乳酸をつくる細菌の総称のことをいいます。


ですから、一般に言われる腸内細菌の善玉菌のことを乳酸菌と考えれば良いということになります。


初期の乳酸菌の歴史を見てみますと、


 

オランダのレーウェンフック(1632−1723)が乳酸菌を最初に観察しました。

フランスの科学者パスツール(1822−1895)が本格的に乳酸発酵を調査しました。
この方は微生物学の祖と呼ばれています。

イギリスの外科医リスターが乳酸菌を最初に純粋に分離しました。

ドイツのコッホ(1843−1910)が平板培養法を考案確立しました。
コレラ菌など伝染病の病原菌を次々と発見し、近代細菌学の父と呼ばれています。

パスツール研究所のティシエが1899年母乳栄養児の糞便からビフィズス菌を発見しました。

ロシアのメチニコフ(1845−1916)が20世紀初頭、ブルガリア菌を多量に含有するヨーグルトがこの地方の人たちの長寿を保つ秘訣になっていると考え提唱しました。

ノーベル生理学・医学賞を受賞(1908年)

当時欧米文化圏ではほとんど知られていなかったヨーグルトが世界中に広がるきっかけとなりました。

ですが現在、メチニコフの説は否定されています。


上のように、最初の発見から、乳酸菌が体に良いということで研究されるまでには、かなりの時間を要しているのですが、この先にある、「乳酸菌生産物質」 の開発に関しては、さらなる歳月が必要となります。


といっても、細菌学の世界では、菌そのものだけではなく、菌の代謝物が人間の体に体に対して一定の効果を持っている事が、ペニシリンなどの抗生物質の誕生以来、次第に明らかになってきていましたので、割と早くに乳酸菌が出す代謝物が有効であるという察しはついており、研究自体は進んでいきます。


なぜなら、乳酸菌が腸に良いらしいということは広まっても、実際には、強烈な胃酸や胆汁の攻撃によって殆どの乳酸菌が腸に到達する前に死滅してしまうことや、仮に腸内まで到達したところで、単純にビフィズス菌などを摂っても、その人が生まれてから腸内に棲みついている固有菌以外は棲み着く事が難しく、すぐに体外に排泄されてしまうので、効果が上がらないという状態であり、端的に言えば、乳酸菌は役に立たない存在だったのです。

※この事実とは裏腹に、現在でも、腸内の乳酸菌を増やそうとヨーグルトをたくさん食べる方が多いことも事実です。


    ←無駄?



そこで、乳酸菌生産物質が必要となってきたのです。

乳酸菌生産物質とは、ビフィズス菌をはじめとする善玉菌が、腸内で行っている仕事(乳酸菌生産物質の製造)を、共棲培養という方法で体外で作ったエキスです。
 

これは、若い健康な人の腸内でつくられる生産物質と同じ成分を、悪玉菌のいない体外の良好な環境で生産し、抽出、精製して腸内に戻すという考え方から開発されたものです。


免疫情報を与える橋渡し役である乳酸菌生産物質は、食事やストレスからくる腸内環境の悪化に影響されないだけでなく、生きた菌そのものではないので、胃液や胆汁にも影響されずに吸収され、確実に期待される仕事ができるのです。

また、乳酸菌生産物質は一種の情報源ですから、薬のように適応症というものはありません。


あの病気に効くとか、あれにはダメという制限もなく、ごく自然に、そして適用範囲の広い無限の可能性を秘めた、次世代の健康食品と言えます。



(共棲培養)

医学の世界などでは純粋培養といって、1種類の菌だけを育てて増やしてゆくことにより菌の働きを解明する方法が主流ですが、このやり方を乳酸菌にあてはめることができません。


なぜなら、乳酸菌には種類がありすぎるからです。


人間の体内では、1種類の菌だけが存在するという部分はなく、実際は非常に多くの細菌が一緒に活動しています。
 

特に、100種類もの菌が存在する腸内で造られている乳酸菌生産物質と同じ成分を体外で造る(培養する)とすれば、たくさんの菌の中での働きを考えなくてはなりません。


ですから、複数の菌を同時に培養する技術が必要になってくるのです。


これが共棲培養の考え方であり、実際の人間の腸内細菌では毎日当たり前に行われている作業です。
 

しかし、生きてゆくために人体内部で行われている嫌気性(空気のない状態→腸内)の培養と比べ、雑菌の多い体外の環境で腸内と同じ培養を行う事は非常に難しい事です。
 

さらに、使用する菌の種類も、ビフィズス菌や乳酸菌を適当に集めて混ぜ合わせても、お互いの菌が反発するだけで、腸内環境を再現する事はできません。
 

例えば、サッカー選手の一人一人が独自の個性を持った素晴らしいプレイヤーだとしても、5人しかいない状態では、相手がそれほど強くなくても勝てません。

また、どれほど個人の力量があろうとも、チームプレイを徹底しないことには、反発が起こることも考えられます。


これと同じように、乳酸菌の世界でも、反発しない多数の有効な菌の組み合わせを見つけ出し、それらを特殊な順番で培地の中で掛け合わせ生産物質を取り出す必要がありました。


共棲培養でここまでやらなければ、有効な乳酸菌生産物質は出来上がらないのです。


その結果、16種類の菌による有効な組み合わせが発見されたのです。


それが、小牧原液と呼ばれる乳酸菌生産物質なのです。


小牧原液は、1988年ノーベル賞候補になったことで有名な国際地球環境大学名誉総長で農学博士の小牧久時氏が、元大阪医科大学長の山中太木博士や京都微生物研究所の綾詰巌先生との共同研究により開発されました。

 

   

 


 

 

ハイパー乳酸菌酵母菌生産物質 「ちょうさわやか」

 

(1988年)

「腸内細菌叢改善食品」 として特許(第1439935号)取得

(1989年)

第13回ニューヨーク世界発明EXPOの食品部門

        (生物化学分子生物学)でグランプリ受賞

乳酸菌生産物質 ちょうさわやか   



ひとつ上のページへ



取扱商品一覧へ  ご注文画面へ


本物商品、健康情報の「ほんもの冒険スタジオ」
カリカパパイヤ発酵食品、ペット用品の「パパナピ!」
インフォメーション


営業日

月〜土曜日(10:00am〜6:00pm) 日祝定休日


ご注文・お問い合わせについて

・ 当サイトにて随時(24時間)受付しております。
・ お電話、ファックス、メールでのご注文も随時受付しております。
・ 午後3時までのご注文分につきましては即日発送いたします。

※日曜、祝日のご注文分につきましては翌営業日発送となります。
なお、在庫の状況によって発送が遅れる場合もございますのでご了承願います。


〜当サイトからのご注文〜

取り扱い商品一覧画面より >>

※ 取り扱い商品一覧画面の画像をクリックすることにより各商品の詳しい説明画面に移ります。


〜配達日及び配達時間帯のご指定〜

・お届けの日及びお届け時間帯につきましては、ご都合の良い日時をお選びいただけます。

[午前中] [14〜16時] [16〜18時] [18〜20時] [19〜21時]


「ほんもの冒険スタジオ」運営

〒910-0015 福井県福井市二の宮2丁目30−18


配送料、代金引換手数料について

〜配送料〜

・1回のお買い上げ金額が5,000円(税込み)以上の場合には、配送料は日本全国無料とさせていただきます。

・1回のお買い上げ金額が5,000円(税込み)に満たない場合には、配送料650円(税込み)をご負担願います。(一部例外もございます。)


〜代金引換手数料〜

・代金引換手数料につきましては、全額当方で負担させていただきます。


お支払い方法

〜代金引換のお客様〜

・現金、クレジットカード、デビットカードのいずれかでのお支払いとなります。

カード一覧


〜クレジットカード決済サービス〜

 ペイメント

・お客様登録画面(ご希望商品選択後)にて簡単決済

 カード一覧


〜銀行振込のお客様〜

・お振込確認後直ちに発送いたします。(お振込手数料はご負担願います)

お振込先:ジャパンネット銀行 (0033) ビジネス営業部 (005)

 (普通) 1 5 1 8 4 1 7  ヤマモトケンコウドウヤマモトマサハル


Copyright(C) 2005-2017 山本健康堂